【衝撃映像】ニュージーランド政府が交通事故防止のために作成したCM

誰も交通事故を起こしたくないし、遇いたくない。


タクシードライバーに限らず車を運転する人にとって共通認識で間違いないこと。


けれども加害者であれ、被害者であれ交通事故に遭遇する危険性はゼロではないというのも悲しい現実。

この動画がハンドルを握る皆さんにとって少しでも
安全運転への心掛けが強まればと思いシェアしました。



少し前にネットでも話題となっている動画で、ニュージーランド政府が交通事故防止のために作成したCMです。





一時停止無視と速度超過が引き起こす悲惨な事故。

時として事故は大事な人の命すらも奪ってしまうことを
1分くらいのわずかな時間で強烈なインパクトで伝えてます。


十字路を一時停止無視して出てきた車に対し、猛スピードの車が衝突しそうになるところから物語がスタート。


衝突直前で時が止まるのだが、止まった時の中、二人のドライバーだけが動ける。


二人は車から降りてきて
互いに話し合い、そしてこれから起きる避けることの出来ない未来に後悔する。


二人が車へ戻ると車は動き出し、
一時停止無視した車の後部席に乗っていた子供ごと衝突し、そこでCMは終わる。


死の直前に人生が走馬灯のように蘇るというのを止まった時の中を二人のドライバーが動き後悔することで表現する。

つまりドライバー二人は死ぬという結末をほのめかしている。


この動画のようにこれから起こる
避けることの出来ない未来に後悔しないようにするためにも
安全第一の運転を徹底しましょうね。

ちなみに
後部席のシートベルトは
平成20年6月1日施行の
改正道路交通法から義務化となってます。
命を守るシートベルト。警視庁ホームページ



事故の衝撃が強くなればなるほどシートベルトすることで命を守る確率があがりますからシートベルトは必ずしましょう!

スポンサーサイト


2015/09/30 雑記 トラックバック:0 コメント:1


心臓が痛くなるような動画ですね...
最近、同業者の事故をよく見かけます。
人のふり見てなんとやらですね

2015年10月02日 RZV500 URL 編集












管理者にだけ公開する

<< 10/01のツイートまとめ | HOME | 稼ぐタクシードライバーのお客様を乗せるテクニックを一挙公開 >>

| このページの上へ |