看板(行灯)の力を最大現活用する、お客様を見つけるテクニック その3

タクシーの基本。

それは
左車線先頭を走る、もしくは信号待ち先頭で停まる

けど、現実問題空車先頭を取るのは難易度が高い。

そこで応用編、 前に空車が入ったとしても四社、中小のタクシー会社にはまだ実車に出来るテクニックあります。

それは
空車中同じ無線グループの空車の後ろに極力走行しない

繁華街になればなるほど先頭になるのはほぼ不可能。
けれども自分の所属してる無線グループ単独で走るのは多少ですが難易度下がります。
繁華街で空車の数珠繋ぎ、
1台前が同じ無線グループなら途中で他無線グループを入れなさい!

この微調整が重要!
同じ無線グループの空車の後ろを極力走らない最大の恩恵は
専用タクシーチケット利用のお客様からの乗車申込。

専用チケット利用の場合高単価の確率極めて高いです。

そんな巧くいくの?

なんてことは愚問です!
意識して走るのと漠然と走るのでは雲泥の差です。


私の営業記録にほぼ毎出番場所に関係なく高い単価の仕事をしているのはこういった部分を意識して観察しながら走っているからこそ。

もちろん運も作用しますが、運だけの力ではギャンブルになってしまいます。
私が活用しているのは看板の力。
まぁ無線で裏目に出ることもありますが。。。
けど、基本的にはプラスに作用してる時の方が多いです!
それを活かさない手はない。
活用出来るものは最大限に活用する。
これこそ無理なく稼ぐタクシードライバーのテクニック!


閲覧ありがとうございました!!!

特別区、武三地区のタクシードライバーで
もっと売上をあげたい方、売上アップのサポートをさせていただきます。


詳しくはこちら

タクシー業界に就職、転職を希望されている方
タクシー会社選びのアドバイス致します。
タクシー会社選びのポイントは

こちらをご覧下さい。


お気軽に相談ください。連絡先は下記の通り↓↓

yoshi1120taxi@yahoo.co.jp

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村にも参加してみました。
よかったらクリックお願いします。

スポンサーサイト


2015/06/23 稼ぐテクニック、実車率を上げる トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 稼ぐタクシードライバーのテクニック 道を覚える方法 地理試験その2 | HOME | 無理なく稼ぐタクシードライバーのブログ 売上2015/06/20土 >>

| このページの上へ |