もしタクシーで忘れ物したら? 東京 某社 タクシードライバーのブログ

今回はドライバーの皆さんのための記事ではなくどちらかというとお客様向きの記事です。

誰もが経験したことあるタクシー車内での忘れ物。

領収書持っていればほぼ戻って来ます。

が、領収書がない場合、絶望的とも言えます。
何せ今都内にはタクシーは個人、法人合わせ1日あたり約5万台走ってるわけですから、そこから特定の1台を探すのは海岸に落とした指輪を探すようなもの。

とは言うものの本当に大事な物落としてしまった場合、何としても探したいですよね?

と言うわけで最終手段をご紹介します。

今都内の法人無線タクシーは自動日報
(何処で乗せて何処で降ろしたかを自動的に記録する)
の導入が定着してるので
走行軌跡から忘れ物を追うことが技術的には可能なわけです。
現に私の所属するグループでは
忘れ物の問い合わせがあった場合、
何時頃に何処から何処まで乗ったのか明確であれば
下の添付画像のように無線室から全車に向けて問い合わせすることが出来ます。(当日限定)

(注・乗降地は割愛)

下記URL(東京タクシーセンター)に都内の主な無線グループの電話番号一覧が記載されてます。

↓↓↓
東京タクシーセンター  タクシーをご利用のお客様

領収書がないと諦めてしまう前にやれるだけことはやってみては?

ひょっとしたら大事な遺失物が戻ってくるかもしれません。

とは言うものの自分の乗ったタクシー会社がどこか覚えておかなければならないの前提ですし、都内には無線を持たない中小会社もあるのでやはりタクシーに乗ったら領収書は貰っておく方がベターですね。

閲覧ありがとうございました!!!

特別区、武三地区のタクシードライバーで
もっと売上をあげたい方、売上アップのサポートをさせていただきます。


詳しくはこちら

タクシー業界に就職、転職を希望されている方
タクシー会社選びのアドバイス致します。
タクシー会社選びのポイントは

こちらをご覧下さい。


お気軽に相談ください。連絡先は下記の通り↓↓

yoshi1120taxi@yahoo.co.jp

スポンサーサイト


2015/02/24 タクシーに関する雑学 トラックバック:0 コメント:1


法人だと真夜中に事故の目撃情報の確認の電話が警察からかかって来ました。どうやらGPSから追跡したようですが全く覚えていません(笑)

2015年02月24日 ひとりタクシー URL 編集












管理者にだけ公開する

<< 稼げるタクシー会社の選び方 その3給与保証は気にしなくていい!? | HOME | 乗務運休のお知らせ >>

| このページの上へ |