道路運送法第十三条 及び 旅客自動車運送事業運輸規則第十三条

道路運送法より引用

(運送引受義務)
第十三条  一般旅客自動車運送事業者(一般貸切旅客自動車運送事業者を除く。次条において同じ。)は、次の場合を除いては、運送の引受けを拒絶してはならない。
一  当該運送の申込みが第十一条第一項の規定により認可を受けた運送約款(標準運送約款と同一の運送約款を定めているときは、当該運送約款)によらないものであるとき。
二  当該運送に適する設備がないとき。
三  当該運送に関し申込者から特別の負担を求められたとき。
四  当該運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
五  天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき。
六  前各号に掲げる場合のほか、国土交通省令で定める正当な事由があるとき。

以下は
道路運送法を基に定められた規則
旅客自動車運送事業運輸規則より引用。


(運送の引受け及び継続の拒絶)
第十三条  一般乗合旅客自動車運送事業者又は一般乗用旅客自動車運送事業者は、次の各号のいずれかに掲げる者の運送の引受け又は継続を拒絶することができる。
一  第四十九条第四項の規定による制止又は指示に従わない者
二  第五十二条各号に掲げる物品(同条ただし書の規定によるものを除く。)を携帯している者
三  泥酔した者又は不潔な服装をした者等であつて、他の旅客の迷惑となるおそれのある者
四  付添人を伴わない重病者
五  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律 (平成十年法律第百十四号)に定める一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症若しくは指定感染症(同法第七条 の規定に基づき、政令で定めるところにより、同法第十九条 又は第二十条 の規定を準用するものに限る。)の患者(同法第八条 (同法第七条 において準用する場合を含む。)の規定により一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症又は指定感染症の患者とみなされる者を含む。)又は新感染症の所見がある者

運送法13条と運輸規則13条とは
各項(漢数字の項目)に該当する場合、
簡単に言うと

乗せなくても差し支えない

ということなんです。
営業区域内であればなんでも乗せないといけない、
断れば乗車拒否になると会社から教えられたと思いますが、
厳密に言えばそうではないということ。

では何故会社は教えないのか?
これは私見ですが、
この仕事は一度出庫してしまえば基本的に問題があっても自分で判断しなければならない。
言い換えれば個人の裁量に委ねられてる部分が大きいわけです。
出庫して違反してても切符さえ切られず帰ってくれば会社は分からないわけです。
で、これら十三条を教えてしまうと個人の裁量に任せてる分、
会社の目が届かないのをいいことに拡大解釈して十三条を盾にする乗務員が出てくるから敢えて教えないのではないでしょうか?


私は乗車申込あれば余すことなく引き受けるのがスタンスです。
しかし過去に何度か十三条に基づき説明した上で乗せなかった、
あるいは中断した、もしくは2台に分けて乗車して頂いたこともあります。
内容としては泥酔者で歩行も困難だったり、
適する設備がなかった(トランクにスーツケースが収まらなかった、)ので成田行きを乗せなかったり、
大人二人、子供三人の乗車申込だったりといずれも各項に該当するもの。
(乗車定員に関しては後日書きます)


最後に

十三条に該当するからと言ってなんでもかんでも引き受けを拒絶することはベターではないです。

結局お客様の立場にたちつつ説明して納得してもらうというのはそれなりの話術も必要なわけで、何よりも時間ばかり削られて1円にもならないですからね。

それと十三条を都合よく解釈しない。


泥酔者は乗せないけど、成田は乗せるとか?
仕事を選ぶ人は最終的には良い結果を出せないです。
確かに酔客で横柄、高圧的だったりと精神衛生上良くないケースもあるにはある。
刑法222条脅迫罪、同223条強要罪を最後の切り札にしつつもスタンスとしては

酔客でも気分良く乗ってもらうよう努める。
夜に乗る繁華街から自宅に帰るお客様にとってタクシードライバーは
その日に最後に会う人間である可能性が高いわけです。
最後に会った人間の印象が悪いだけでその日1日台無しにしかねない。
だからこそ我々の仕事は重要なんです!

って少し脱線ぎみ!?
このあたりは元バーテンダーの性分かな?(笑)

長くなりましたが、まあそんな決まり事もあるんだなぁ。くらいに捉えてくれれば。





閲覧ありがとうございました!!!

このブログに興味を持ち同業者でもっと売上をあげたい方、
売上アップのサポートをさせて頂きます!

タクシー業界に転職を希望されている方
あなたにあったタクシー会社を紹介致します。
お気軽に相談ください。連絡先は下記の通り↓↓

yoshi1120taxi@yahoo.co.jp







スポンサーサイト

2014/12/06 タクシーに関する法令 トラックバック:0 コメント:0

乗務距離の最高限度 

(旅客自動車運送事業運輸規則第22条)
交通の状況を考慮して地方運輸局長が指定する地域内に営業所を有する一般乗用旅客自動車運送事業者は、次項の規定により地方運輸局長が定める乗務距離の最高限度を超えて当該営業所に属する
運転者を事業用自動車に乗務させてはならない

というわけで我々タクシードライバーは一日の乗務距離が定められている。
走れる距離に制限があるわけです。

・参考
 乗務距離の最高限度(特別区、武三地区)
  1乗務あたりの乗務距離の最高限度 (従前は勤務形態毎の区分なし、365km)
     ・ 隔日勤務   365km
     ・ 日勤勤務   270km
   * 1乗務とは、出庫から帰庫までの連続した勤務のこと。
   * 高速自動車国道および自動車専用道路(首都高速道路株式会社の管理する自動車
     専用道を除く)を利用した場合には、その距離を控除することとする。
     なお、その場合には、高速自動車国道等の路線名、走行した区間、走行距離、
     走行した時刻、料金を乗務記録に記録すること。



控除できる範囲は以下の通りです。







例えば京葉道路花輪インター降りの仕事だった場合

控除が7.5キロなので
1営業日の最大走行可能距離が下記のようになります。

隔勤→365+7.5=372.5キロ
日勤→270+7.5=277.5キロ


2014/12/01 タクシーに関する法令 トラックバック:0 コメント:7


| HOME |

| このページの上へ |